「よろしくお願いします」を中国語で表現するフレーズ集

中国語表現
スポンサーリンク

「宜しくお願いします」という瞬間って、意外と多いですよね。自己紹介以外ににも何かをお願いしたり、ビジネスだとメールの締めくくりの一言として使われることも。

そんな万能な「宜しくお願いします」を中国語で伝える言葉をお伝えします。

自己紹介で「宜しくお願いします」と伝える時

「面倒を見てください」の”请多关照”

自己紹介の場で「宜しくお願いします!」と挨拶する時によく使うのは「请多关照」です。

Qǐng duō guānzhào
请多关照
チンドゥオグゥアンザオ
Qǐng duōduō guānzhào
请多多关照
チンドゥオドゥオグゥアンザオ

中国語は2回音を重ねることでリズムを付けて言い易くしたり、強調することができ、”请多多关照”と”多”を2回言うことも多いです。
どちらも正しい表現なので、使い易い方を使ってください。

「面倒を見てください」→「宜しくお願い致します」という意味合いです。一般的な自己紹介の場では、上の2つのフレーズが良く使われます。

「教えてください」の”请多指教”

“请多关照”以外にも「宜しく」という言い方があり、

Qǐng duō zhǐjiào
请多指教
チンドゥオズージャオ
Qǐng duōduō zhǐjiào
请多多指教
チンドゥオドゥオズージャオ

「ご指導の程、お願い致します」→「宜しくお願い致します」という意味合いです。
何か教えてほしいことがあるとき、転勤などで知らない土地にやってきたときや職場の上司・先輩に向けて、学校の先輩や先生に向けて使うと便利です。

「手助け下さい」の”请多帮助”

さらに、あまり多く聞くことはありませんが

Qǐng duō bāngzhù
请多帮助
チンドゥオバンズゥー

といった表現もあります。
「色々と手助け下さい」→「宜しくお願い致します」という意味合いです。何かしら助けてもらう場面が多い時、例えば引っ越し時やボランティアに来てもらった時、などに使えます。

3つのパターンのうちどの言い方をしても。「宜しくお願い致します」という意味合いですが、少しだけニュアンスが異なるので、自分の立場を考えながら使ってみましょう!

元々「宜しくお願いします」は中国語になかった

実は中国語の「宜しくお願いします」という”请多关照”は日本人のあいさつを中国語に訳したもので、昔は無かったそう。
そのため、初対面の挨拶として使うことはできますが、お願いごとをするときの「宜しく!」といった意味合いでは使えません。

日本語の「お見知りおきを」といった挨拶時にはマナーとして使われる「宜しくお願い致します」ですが、中国語の“请多关照”“请多指教”はこれから実際にお世話になるうえで、「面倒を見てください」「是非教えてください」とお願いするニュアンスが強いです。

どんな場面で使われるのか

ビジネスや自己紹介の時に使われます。
少し固めのニュアンスがあるので、友人の紹介で知り合った人に向かって”请多指教!”ということはほとんどありません。ビジネスでの自己紹介や、全く知らない人の中一人で自己紹介といった正式な挨拶の時に使われます。
因みに私は、留学時に1人1人立って自己紹介をするという時に使いました!

お願いするときの「宜しく」

人にお願いするときは“拜托”「お願いする」という単語を使います。

宜しく
Bàituō nǐ
拜托你
バイトゥオーニー

より丁寧にお願いをする場合は

宜しくお願いします
Bàituō nín
拜托您
バイトゥオーニン
Bàituō nínle
拜托您了
バイトゥオーニンラ

目上の方やあまり親しくない人、ビジネスでのお付き合いの場合は
あなたの丁寧語である“您”を付けると丁寧に聞こえます。

ラフにお願いするときの「よろしく」

もっとラフにお願いをしたい!友人同士での「おねがい!」の表現は

Bàituō
拜托
バイトゥオー
頼むよ、よろしく。
Bàituōle
拜托了
バイトゥオーラ

です。
“您”“你”といった人称名詞が無くても相手に伝わります。
ただ取引先や目上の方、親しくない方に言うと少し失礼に聞こえてしまうのでご注意を!

请多关照と拜托你了の使い分け

実は2つも言い方のある「宜しく」。
“请多关照”“拜托你了”ってどうやって言い分けたらいいの?と思われる方もいるかもしれません。
実は、どっちをこの場合は使えばいいんだ!と私は悩むことがあったのですが、
自己紹介の時に使うのは

请多关照 (Qǐng duō guānzhào)/宜しくお願い致します。

人にお願いするときに使うのは

拜托你了 (Bàituō nǐle)/よろしく頼む、お願いだよ。

と覚えると、使い分けが上手くいきました!
初めて挨拶する時が“请多关照”です。
しっかり使い分けをすることで、コミュニケーションをよりスムーズに行っていきましょう!

CHECKそのほかの中国語フレーズ・表現をこちらでご紹介。
・中国語で自己紹介
中国語で自己紹介【発音付き】これさえ読めば自己紹介&挨拶は完璧
【音声付きで発音もチェック可能】何かとするタイミングの多い自己紹介を中国語でスラスラ言えますか?自己紹介の始まりから終わりまでの一連で、実際に使えるフレーズをまとめました。これさえ読めば、イヤな自己紹介も完璧に!「私の名前は●●です」「私は日本人です」「●●に住んでいます」「私は●歳です」「私は●年です」と干支を伝える

・感謝の気持ち「ありがとう」を伝える
中国語でありがとうを伝える!「ありがとうございます」を「谢谢」と言ってない?よりネイティブに聞こえる言い方とは
中国語でありがとうは「谢谢(シエシエ)」と言いますが、実は他にもいろんな言い方があります。「いつもありがとう」等普段使いできる「有難う」「ありがとうございます」にまつわる言い方を、シーン別の伝え方・返事の仕方も合わせてご紹介します。

・基本的な中国語の挨拶
中国語の「おはよう」「こんにちは」「こんばんわ」【発音付き】/挨拶で使えるフレーズ23集
中国語で「おはよう」「こんにちは」「こんばんわ」と挨拶する言い方をご紹介。目上の方への丁寧な言い方や、挨拶するときの会話文・日常会話で使えるフレーズもご紹介します。おはようございます Zǎoshang hǎo 早上好 ザオシャンハオ

・さよならの挨拶
中国語で「さようなら」の表現フレーズ20選!ネイティブが使う別れの言葉って?
中国語で「さよなら」を伝える表現・フレーズ・例文をまとめました。「バイバイ」だけでなく、「帰るね」「別れましょう」などシーン別に。良く聞いたり使ったりする「さようなら」の表現は zàijiàn 再见 ザイジェン は、"再"=再び、"见"(見)=会うという意味で「また会いましょう」「またね」と再会の意味をもつ単語です。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]

  12. […] […]

  13. […] […]

  14. […] […]

  15. […] […]

  16. […] […]

  17. […] […]

  18. […] […]

  19. […] […]

  20. […] […]

  21. […] […]

  22. […] […]

  23. […] […]

  24. […] […]

  25. […] […]

  26. […] […]

  27. […] […]

  28. […] […]

  29. […] […]

  30. […] […]

  31. […] […]

  32. […] […]

  33. […] […]

  34. […] […]

  35. […] […]

  36. […] […]

  37. […] […]

  38. […] […]

  39. […] […]

  40. […] […]

  41. […] […]