ベトナム・ダナンのコンセント事情を解説!プラグ変換器・変圧器は必要?

vietnam-electrical-outletベトナム・ダナン旅行

ベトナム・ダナンのコンセント事情を解説!プラグ変換器・変圧器は必要?

ベトナムへの旅行や出張・駐在を控えた方々必見!生活になくてはならない家電製品を異国でも使うためには、コンセントの形状や電圧が日本と異なることに注意が必要です。
ベトナムのコンセントの形状は、Cタイプと日本と同じAタイプが一般的で、電圧は日本よりも高い220V、周波数は50Hzです。
今回は、そんなベトナム「ダナン」のコンセント事情について詳しく解説します。

ベトナムのコンセントの形状は何タイプ?

Sheraton-Grand-Danang-concent

ベトナムは大きくわけて、「A型」「C型」「SE型」「BF型」の4タイプが使用されています。その中でもほとんどが「A型」「C型」の2タイプです。
日本のコンセントの形状はA型なため、ベトナムでは変換プラグなしで電化製品を使用することができます。
また、使用されているC型コンセントはA型も差し込み可能なものが殆どなので、ホテルやアパートでも基本的には問題なく使用することができます。

実際に泊まったシェラトングランド・ダナンリゾート&コンベンションセンターホテルのコンセント形状
vietnam-concent

しかし、心配な方はC型変換プラグを持っていくと便利です。

C型は2つの丸い穴・ピンがついている形と覚えると覚えやすいですよ!

▼エレコム(ELECOM)の格安変換プラグ



格安で変換プラグをGETしたいならこれ。
数百円で家まで届けてくれるので、とっても便利。
急ぎほしいけど、買いに行く時間が無い!そんな方にAmazonで見る

▼1個持っておくと、200か国以上に対応できるマルチ変換プラグ



1個持っておくと便利なマルチ「変換プラグ」は、Oタイプだけでなく、A・BF・Cタイプすべてに対応しているうえ、USBの差し込みも可能です。コンパクトでかさばらないのでオススメ。Amazonで見る
楽天市場で見る

ベトナムの電圧と周波数

ベトナムでは、一般的な電圧は220Vで、周波数は50Hzです。
日本は主に東日本が50Hz、西日本は60Hzですが、日本の電化製品は「50/60Hz」と両方の周波数に対応しているものが多いため、基本的に気にする必要はありませんが、念のため確認するようにしましょう!

また、日本の電圧と比較するとベトナムの電圧が高いため、電化製品をそのまま使用すると故障の原因となる可能性があります。

電圧器は必要ない?

日本よりも電圧が高いベトナムの「ダナン」ですが、実はiPhoneやスマートフォン・パソコン・デジカメの充電器は、全世界で使えるように「100-240V」と幅広い電圧に対応していることが多いです。

スマートフォンしか電化製品は持って行かないよ、という方は変圧器は不要です!

対して、「100V」とのみ書かれているものは変圧器が必要です。

ドライヤーやヘアアイロンに変圧器は必要?

ドライヤーやヘアアイロンは、「海外対応」のものでないと変圧器が必要です。
特にヘアアイロンは日本国内でしか使えないものが多いため、旅行や出張が多い方は、事前に海外対応のヘアアイロンを1本持っていくと便利です!

▼海外対応ヘアアイロン



サロニアのヘアアイロンは海外対応
ストレート・カールどちらもできる2WAYタイプなので、2本持って行かなくて良いのが便利!
Amazonで見る

ドライヤーはホテルに備え付けられていることも多いので、荷物をコンパクトに収めたい方は、事前にホテルの設備を確認して持っていかないことも手です。
ただ、ドライヤーの質が悪いこともあるので、こちらも事前に海外対応のドライヤーを1本持っておくことをオススメします。


▼便利な海外対応ドライヤー

Amazonで高評価な風量◎美髪ドライヤー
海外対応だけでなく、プラズマケア×BiB赤外線で
傷みやすい海外旅行中の髪もしっかり潤いを逃さない優れもの

Amazonで見る



変換アダプター付き変圧器
変換アダプターを購入せずとも、アダプター付きなので全世界どこでも変圧器が差し込めます。

Amazonで見る

楽天市場で見る

私は過去に国によって電圧が違うことを知らずに、中国のコンセントに差し込んで火花を散らしたことがあるのでご注意を!
一度差し込むだけで家電がダメになってしまいます。

プラグ変換器と変圧器の違いとは?

そもそも「プラグ変換器」と「変圧器」は何が違うの?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は二つとも別のモノを指しています。
プラグ変換器は、異なるコンセント形状に適合させるための変換アダプターです。実は各国でコンセントの毛状は異なるのです。
日本ではAタイプと言われるコンセントの形状ですが、ベトナムはAとCタイプが多いですが、例えばお隣の国の中国ではAタイプ以外にOタイプのコンセントが多く使われています。

対して、変圧器は文字通り「電圧を変換」し、電化製品を正常に動作させるために使用されます。

まとめ

ベトナムのダナンへ旅行や出張を予定している方は、事前に持っていく家電の電圧をチェックして、電圧器を忘れないようにしましょう!特にドライヤーやヘアアイロンはご注意を。
変換プラグは基本的には必要ありませんが、不安な方は「タイプC」への変換プラグも持っていきましょう。

20日間利用できて、100GBまで使用可能。

20日間使えるSIM
1日4GB×20日間使えるベトナムのSIMは、割とどこでも快適に使用できたので、Grabタクシーもスムーズに呼べましたし、次どこ行こうかな?と現地で観光スポットをチェックできたのがとても楽でした。Amazonで見る楽天市場で見る

ベトナムのWi-Fi事情が気になる!そんな方は下記を

ベトナム・ダナンやホイアンでポケットWi-Fiは必要?SIMは買える?
ベトナムのダナン・ホイアンでは、飲食店やホテルでフリーWi-Fiが完備されていることが多いです。 そのため、基本的に室内でしかネットを使わない人は、Wi-Fiは不要です。 しかし、ビーチで遊びたい!世界遺産を巡りたい!と行った場合は、Wi-Fi環境が悪かったり、そもそもWi-Fiが無いことがあるため、SIMを購入したりポケットWi-Fiを日本から持参したほうが良いです。

▼今回の旅行で泊まったシェラトングランドリゾートとハイアットリージェンシーダナンの宿泊レポートはこちらから

ハイアットリージェンシー ダナンリゾート宿泊記!ジム・サウナ完備のゆったりリゾート
ハイアット リージェンシー ダナン リゾート&スパ(Hyatt Regency Danang Resort and Spa)の宿泊レポート! 青い海・プールがキレイなこのホテルは、朝食ビュッフェが最高に美味しい! ホイアン行きのシャトルバスがあり、片道80,000で行けます。 また、フリーWi-Fiもあり。
シェラトン・グランド ダナン宿泊レポート!250mもあるインフィニティプールが絶景!
シェラトングランド・ダナンリゾート&コンベンションセンター(Sheraton Grand Danang Resort & Convention Center)の宿泊レポートをお届け! ダナン国際空港から車で約25分の距離にあるシェラトン グランドダナン。 ホイアン行きのシャトルバスあり 絶景のプールはなんと全長250mもあり、その先にはインフィニティプールが。

どのホテルがいいかな?とお悩みの方は是非参考にして下さい。